樹脂 射出成形

射出成形 > 樹脂射出成形

プロトラブズの樹脂射出成形サービスは、標準10営業日で製作・出荷、カスタムパーツや小ロット生産に最適です。金型にはアルミ合金を使用することで製作にかかる時間を短縮し、コストの削減も実現しています。利用いただける樹脂は汎用から高機能まで多岐にわたり、成形品は強固で表面仕上げも充実させています。

短納期対応の樹脂射出成形工程

プロトラブズでは、金型の設計内容をもとに加工プログラムを生成し、マシニングセンターにて金型の固定側、可動側、アンダーカット形状を形成するためのスライドや置き駒を加工します。加工が完了した直後は「PM-F0: 低コスト仕上げ(切削したままの面、無処理)」の状態ですが、選択いただいた表面仕上げに合わせて磨きやシボ加工を施します。エジェクタピンなど全ての金型部品が整ったら、金型の組立・調整を行います。

ホッパーを通して樹脂ペレットが成形機に供給され、熱せられたシリンダー内でスクリューが回転しながらペレットが溶融されます。スクリューによって溶融した樹脂が金型内に流し込まれ、金型内で樹脂が固化したら、金型が開き、エジェクタピンが成形されたパーツを押し出します。成形時には成形品の外観、寸法等の品質維持のため、適切な成形条件のもと生産管理します。成形後はゲートのカット処理を行い、検査・梱包の上、出荷します。

射出成形
  • 25~10,000個に最適
  • 最短1日、標準10日
  • 金型費130,000円~
最適な用途:
  • カスタムパーツ
  • 小ロット生産
  • 先行量産
  • 機能試験

射出成形サービスを利用する
3つのステップ>

  1. 3D CADファイルをアップロードして見積り依頼
  2. 無料見積りで仕様を確定
  3. ご発注&カスタムパーツを受け取り

射出成形サービスを 利用する3つのステップ

 

 

熱可塑性樹脂材料

ABS、PP、PC、ナイロンから PBT や PPS などの高性能樹脂まで、エンジニアリンググレードのさまざまな熱可塑性樹脂から選択できます。ご要望に応じて着色の検討や、お客様からの支給材料にも対応します。

 

材料一覧

設計ガイドライン

樹脂射出成形の基本ガイドラインには、パーツの成形性の改善、外観の向上など品質向上に役立つ設計上の重要な考慮事項が含まれます。

 

ガイドラインを表示
press operator examines liquid silicone rubber part

無料のインタラクティブ製造性解析を数時間で

解析&見積り 依頼

お問い合わせはこちら

お問合せありがとうございます。 当社営業より1-2営業日中にご連絡させて頂きます。 お急ぎの際は [email protected] までご一報頂けますと幸いです。 

プロトラブズについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

customer service representative
800