プロトラブズの金型

金型の種類

金型は、適用する製造法に応じてさまざまな種類に分類されます。代表的な種類として、プレス用、鍛造用、鋳造用、ダイカスト用、プラスチック(樹脂)用、ガラス用、ゴム用、粉末冶金用などがあります。 又金型は、その用途に応じて「ダイ(Die)」、「モールド(Mold)」とよばれます。一般的には、ダイは「開放型」の金型で、金型の上側と下側を組み合わせても密閉されていません。 主にプレス加工のように押し付けて加工を行う金型です。一方でモールドは「密閉型」の金型で、組み合わせた金型に金属や樹脂(プラスチック)などの材料を流し込んで成形する金型です。 特にダイは金型の下側だけを示す場合などがあるため、どのような意味合いで使われているのか確認する必要があります。

金型の設計と加工方法

金型を設計する際には、製品の図面や3Dデータから金型設計における課題抽出をおこない、ポイントを抑えた設計を行う準備をします。 設計時には、金型の強度や材料のシミュレーションを行いながら、適切な加工ができるか確認を行います。設計が完了すると、金型加工をする際のプログラム作成を実施します。 少量多品種の金型製作は自動化が進んでおらず、人の経験や熟練度に頼る部分が多く、誰でもできるものではありませんでした。 しかし近年は、品質や作業効率を向上させるような技術が活用されるようになっています。 例えば、金型設計をする際に活用できる技術として、製造時に金型内で材料がどう振舞うのかを詳細にシミュレーションできる解析技術の活用により、作った金型の精度が向上しています。また、実際にトライを行う際に課題となる寸法測定や誤差につて、画像寸法測定器が開発され、数秒で数百か所の寸法を測定することが可能です。 このように、さまざまな最新技術の活用によって、高品質な金型を製作しやすい環境が構築され始めています。

プロトラブズの金型

プロトラブズの金型にはアルミ合金を使用することで製作にかかる時間を短縮し、コストの削減も実現しています。利用いただける樹脂は汎用から高機能まで多岐にわたり、成形品は強固で表面仕上げも充実させています。

 

関連記事を読みたい方はこちら