良くある質問(FAQ)

Q1 切削加工と射出成形はどのように使い分けるのが良いのでしょうか?
A1 切削加工では、実製品と同等の樹脂やアルミで製作されたパーツを入手できますので、切削加工での大量生産あるいは、射出成形のための金型を起こす前に機能試験を行うにあたって有効です。
また、数点だけ治工具を必要とする場合も有効です。プログラミングやフィクスチャリングで構成される初期費用は一切かかりません。初期費用がかかるために、少数しか必要のないパーツの単価が非常に高価になります。弊社の切削加工サービスでは初期費用がかからず、1個からでも承ります。加工は1日~3日で行いますので、迅速にパーツを入手できます。

射出成形は目安として、25個以上のパーツが必要な場合に有効です。機能試験、小ロット生産、先行量産などに最適です。高価な鉄の金型はできあがるまでに通常6週間から10週間かかりますが、弊社の射出成形であれば、安価かつ通常納期10営業日でパーツを入手できます。最大の製作個数の目安としては1万パーツですが、制限はありません。オンデマンドで成形しますので、在庫レスを実現できます。
射出成形では最先端のアルミ合金を高速なマシニングセンターで切削して金型を製作し、パーツを成形します。製作のプロセスを標準化、自動化することで安価かつ迅速に納期厳守でパーツをお届けしています。


Q2 プロトラブズを利用するメリットはなんですか?
A2 切削加工、射出成形どちらも3D CADで設計された形状を直接製作しますので、エラーの可能性が大幅に減ります。また、リードタイムの短縮とコストの削減にも有効です。加工パスを自動的に作成する、独自開発のソフトウエアにより実現しているバランスに優れたQCD(品質・コスト・納期)がメリットでもあります。


Q3 3Dプリンタや積層造形、光造形、粉末焼結積層造形などがありますが、プロトラブズの製造方法とはどのような共通点や相違点があるのでしょうか?
A3 3D CADデータを利用して製作することが共通点です。
切削加工、射出成形どちらも極めて一般的な製法ですが、独自開発のソフトウエアによって自動化を実現しているため、樹脂や金属でできたカスタム部品やパーツを迅速に納期厳守でお届けできています。樹脂については汎用から高機能樹脂まで利用でき、金属についてはアルミ、真鍮を利用できます。3Dプリンタなどで形状を確認して、機能試験は本物の材料でできたプロトタイプで行うという使い方ができます。


Q4 どのような会社と取引があるのでしょうか?
A4 弊社のサービスは大手企業からMAKERSまで、大小さまざまな企業の方にご利用いただいています。

公開に同意いただいた会社名は、こちらの会社概要でご覧ください。また、コメントを多数お寄せいただいており、こちらからご覧いただくことができます。事例記事はこちらからご覧ください。


Q5 どのような業種で利用されているのでしょうか?
A5 自動車、家電、医療機器、電子機器、建築、化粧品などさまざまな業種でご利用いただいています。


Q6 どのようなものを製作しているのでしょうか?
A6 例としては、アーム、ガイド、ギア、シャフト、シリンダー、パネル、ヒートシンク、フック、ブッシュ、プレート、フレーム、ベースなどがあります。外装部品から機構部品まで多種多様な部品やパーツを製作させていただいています。


Q7 マシニングセンターや射出成形機は何台持っているのでしょうか?
A7 2016年8月現在台数は、射出成形機 11台、CNCマシニングセンター 32 台、CNC旋盤3台です。工場面積、主な設備、製造キャパシティについてはこちらの会社概要に最新の情報を掲載しておりますので、ご確認ください。


Q8 どこで製作しているのでしょうか?
A8 日本国内のお客様の部品やパーツは、神奈川県の本社・工場で製作しています。

本社と工場が米国ミネソタ州にあり、欧州はイギリスのテルフォードに本社・工場のほか、ドイツ、フランス、イタリアに営業所があります。欧州と日本以外の国は米国本社が対応しています。

大型の部品はお客様の同意をいただいて、米国またはイギリスの工場で製作することがあります。

Q9 材料はどのようなものを利用できるのでしょうか?
A9 切削加工では樹脂に加え、アルミと真鍮を利用できます。在庫している20種類以上の材料のリストはこちらでご覧ください。

射出成形では汎用から高機能樹脂を約40種類在庫しており、ご支給いただいた材料を成形させていただくこともできます。在庫している樹脂のリストはこちらからご覧ください。


Q10 製作にはいくらかかるのでしょうか?
A10 お見積りは3D CADデータをアップロードしていただくと、平均3時間で回答します。
目安としては、切削加工で8,500円からで、射出成形では金型費が130,000円からになります。
価格参考例はこちらからご覧ください。


Q11 見積りを依頼するにはどうすれば良いのでしょうか
A11 下記にアクセスして3D CADデータをアップロードしてください。
お見積りは切削加工と射出成形を同時にご依頼いただくことができます。
無料見積りの依頼


Q12 3D CADデータはどのような形式に対応しているのでしょうか?
A12 IGES (.igs)  STEP (.stp)  SolidWorks (.sldprt)  PTC Creo (.prt)  Parasolid (.x_t および .x_b)  ACIS (.sat)  AutoCAD (.dwg, 3D のみ)  Autodesk Inventor (.ipt)

※ 切削加工 では Stereolithography (.stl) 形式にも対応しますが、.stl 形式の場合はねじ穴加工ができません。
※ 射出成形の場合は、補足情報(表面仕上げ指定など)としての PDFファイルもアップロードできます。


Q13 2D図面でも見積りを依頼することはできるのでしょうか?
A13 2D図面の場合は、射出成形の参考見積りをお送りすることはできます。ただし、正式な見積りを作成させていただくためには3D CADデータが必要となります。ご希望の納期、仕上げにより価格が変動します。
切削加工では3D CADデータがないとお見積りも製作も行うことができません。


Q14 3D CADがない場合はどうすれば良いのでしょうか?
A14 プロトラブズ 設計支援プログラムに参画いただいている3D設計支援パートナー宛にご相談をお寄せください。プログラムの詳細およびパートナーの概要はこちらでご紹介しております。


Q15 3D CADデータをアップロードするにあたって、セキュリティはどのようになっているでしょうか?機密保持契約は締結できるのでしょうか?
A15 【 機密保持】お見積り依頼のためにご提供いただいた CAD データ、資料、情報はお客様の機密情報として守秘義務を持って適切に扱っております。機密保持契約の締結を必要とされる場合は、Eメールにてご一報いただけましたら、折り返しご連絡いたします。

【セキュリティ】 アップロード時のセキュリティ対策としてSSLを採用し、堅牢なセキュリティ環境で保存、管理しております。米国政府機関要求基準に適合する環境は、PCI認定審査会社(RSM McGladrey)による定期的診断を受けています。


Q16 精度はどれくらいを実現できるのでしょうか?
A16 切削加工の場合、予期される公差は±0.13㎜であり、通常は達成できます。

射出成形の場合、成形性を良く考慮して設計された部品で予想される公差でも、樹脂によって異なります。お見積りで樹脂の種類を変更するとその場でご確認いただくことができます。


Q17 二次加工は行ってもらえるのでしょうか?
A17 表面処理、塗装、組立等の二次加工は承っていません。