プロトラブズのご利用方法について

はじめてプロトラブズのサービスをご利用される方のために、マニュアルをご用意しております。 下記よりご覧下さい。

Q1 切削加工と射出成形はどのように使い分けるのが良いのでしょうか?
A1 切削加工では、実製品と同等の樹脂や金属で製作されたパーツを入手できますので、切削加工での大量生産あるいは、射出成形のための金型を起こす前に機能試験を行うにあたって有効です。
また、数点だけ治工具を必要とする場合も有効です。弊社の切削加工サービスでは初期費用がかからず、1個からでも承ります。加工は標準納期として3営業日で行いますので、迅速にパーツを入手できます。
射出成形は目安として、25個以上のパーツが必要な場合に有効です。機能試験、小ロット生産、先行量産などに最適です。高価な鉄の金型はできあがるまでに通常6週間から10週間かかりますが、弊社の射出成形であれば、安価かつ納期10営業日でパーツを製造できます。最大の製作個数の目安としては1万パーツですが、制限はありません。オンデマンドで成形しますので、在庫レスを実現できます。

Q2 プロトラブズを利用するメリットはなんですか?
A2 切削加工、射出成形どちらも3D CADで設計された形状のデジタルデータから直接製作しますので、リードタイムの短縮とコストの削減に有効です。加工パスを自動的に作成する、独自開発のソフトウエアによりバランスに優れたQCD(品質・コスト・納期)を実現することができます。

Q3 3Dプリンタや積層造形、光造形、粉末焼結積層造形などがありますが、プロトラブズの製造方法とはどのような共通点や相違点があるのでしょうか?
A3 3D CADデータを利用して製作することが共通点です。
切削加工、射出成形どちらも極めて一般的な製法ですが、独自開発のソフトウエアによって自動化を実現しているため、樹脂や金属でできたカスタムパーツを迅速にお届けできます。樹脂については汎用から高機能樹脂まで利用でき、金属についてはアルミ、真鍮、銅*、鉄、ステンレス、チタン*を利用できます。プロトラブズの切削加工、射出成型を利用いただくことで、量産品と同等のパーツを製作することが可能です。
* 米国本社経由で製造します。

Q4 どのような会社と取引があるのでしょうか?
A4 弊社のサービスは大手企業からMAKERSまで、大小さまざまな企業の方にご利用いただいています。
公開に同意いただいた会社名は、こちらの会社概要でご覧ください。利用事例はこちらからご覧ください。

Q5 どのような業種で利用されているのでしょうか?
A5 自動車、家電、医療機器、電子機器、建築、化粧品などさまざまな業種でご利用いただいています。

Q6 どのようなものを製作しているのでしょうか?
A6 例としては、アーム、ガイド、シャフト、シリンダー、パネル、ヒートシンク、フック、ブッシュ、プレート、フレーム、ベースなど、外装部品から機構部品にいたる多種多様な部品やパーツを製作させていただいています。

Q7 マシニングセンターや射出成形機は何台持っているのでしょうか?
A7 2016年8月現在台数は、射出成形機 11台、CNCマシニングセンター 32 台、CNC旋盤3台です。工場面積、主な設備、製造キャパシティについてはこちらの会社概要に最新の情報を掲載しておりますので、ご確認ください。

Q8 どこで製作しているのでしょうか?
A8 日本国内のお客様の部品やパーツは、神奈川県の本社・工場で製作しています。
本社と工場が米国ミネソタ州にあり、欧州はイギリスのテルフォードに本社・工場のほか、ドイツ、フランス、イタリアに営業所があります。欧州と日本以外の国は米国本社が対応しています。

Q9 材料はどのようなものを利用できるのでしょうか?
A9 切削加工では多品種の樹脂に加え、アルミ、真鍮、ステンレス、鉄といった金属を利用できます。在庫している30種類以上の材料のリストはこちらでご覧ください。
射出成形では汎用から高機能樹脂を約50種類在庫しており、ご支給いただいた材料を成形させていただくこともできます。在庫している樹脂のリストはこちらからご覧ください。

Q10 製作にはいくらかかるのでしょうか?
A10 お見積りは3D CADデータをアップロードしていただくと、平均3時間で回答します。
目安としては、切削加工で8,500円からで、射出成形では金型費が130,000円からになります。

Q11 見積りを依頼するにはどうすれば良いのでしょうか
A11 下記にアクセスして3D CADデータをアップロードしてください。
お見積りは切削加工と射出成形を同時にご依頼いただくことができます。
無料見積りの依頼

Q12 3D CADデータはどのような形式に対応しているのでしょうか?
A12 IGES (.igs)  STEP (.stp)  SolidWorks (.sldprt)  PTC Creo (.prt)  Parasolid (.x_t および .x_b)  ACIS (.sat)  AutoCAD (.dwg, 3D のみ)  Autodesk Inventor (.ipt)

※ 切削加工 では Stereolithography (.stl) 形式にも対応しますが、.stl 形式の場合はねじ穴加工ができません。
※ 射出成形の場合は、補足情報(表面仕上げ指定など)としての PDFファイルもアップロードできます。

Q13 2D図面でも見積りを依頼することはできるのでしょうか?
A13 2D図面の場合は、射出成形の参考見積りをお送りすることはできます。ただし、正式な見積りを作成させていただくためには3D CADデータが必要となります。ご希望の納期、仕上げにより価格が変動します。
切削加工では3D CADデータがないとお見積りも製作も行うことができません。

Q14 3D CADがない場合はどうすれば良いのでしょうか?
A14 プロトラブズ 設計支援プログラムに参画いただいている3D設計支援パートナー宛にご相談をお寄せください。プログラムの詳細およびパートナーの概要はこちらでご紹介しております。

Q15 3D CADデータをアップロードするにあたって、セキュリティはどのようになっているでしょうか?機密保持契約は締結できるのでしょうか?
A15 【 機密保持】お見積り依頼のためにご提供いただいた CAD データ、資料、情報はお客様の機密情報として守秘義務を持って適切に扱っております。機密保持契約の締結を必要とされる場合は、Eメールにてご一報いただけましたら、折り返しご連絡いたします。
【セキュリティ】 アップロード時のセキュリティ対策としてSSLを採用し、堅牢なセキュリティ環境で保存、管理しております。米国政府機関要求基準に適合する環境は、PCI認定審査会社(RSM McGladrey)による定期的診断を受けています。

Q16 精度はどれくらいを実現できるのでしょうか?
A16 切削加工の場合、予想最小公差は±0.10㎜(JIS B 0405 中級相当)であり通常は達成できますが、選択した材料並びに形状に大きく依存します。
このため、±0.10㎜(0.20㎜レンジ)以内の微細形状は形成できない場合がございます。 射出成形の場合、成形性を良く考慮して設計された部品で予想される公差は、±(0.08 ㎜ + α ㎜/㎜)となります。α は成形材料によって数値が異なり、お見積り画面上でご確認いただけます。

Q17 二次加工は行ってもらえるのでしょうか?
A17 表面処理、塗装、組立等の二次加工は承っていません。

Q: プロトラブズのモデル変更案とは何ですか?
A: 弊社の短納期射出成形プロセスに必要とされる項目(要設計変更項目)をアップロードいただいた3Dデータに適用して提案をさせていただくことです。

Q:モデル変更案によって変更された3Dデータのファイル形式は何ですか?
A: STEPとIGES形式のデータでご用意します。
もし、この他にご希望のファイル形式がございましたら、以下カスタマー サービス エンジニア宛てにご相談ください。

電話:0120-2610-25 または 046-203-9030
Email:customerservice@protolabs.co.jp

 

Q: プロトラブズのモデル変更案を採用したい場合はどうすれば良いですか?
A: 以下が満たされていれば、パーツ製作のご注文を承ることができます。

  • 「要設計変更」の項目がないこと
  • ProtoQuote見積りの「③ お見積り概要」についてご承認(チェックボックスをクリックして)いただくこと

Q: プロトラブズのモデル変更案に同意したとして、自社の3Dデータで注文するにはどうすれば良いですか?
A: プロトラブズのモデル変更案と一致するよう、3Dデータを更新してアップロードしてください。

  • ProtoQuote見積りの「② 成形性、製造性の解析」の「要設計変更」タブを開いて、[ 変更された3Dデータをダウンロード ]をクリックしてファイルをダウンロードし、ご自身の設計データと比較してください。
  • プロトラブズのモデル変更案をご自身のデータに再現し、プロトラブズにアップロードしてください。再度解析のうえ、お見積りをお送りします。
  • このお見積りに「要設計変更」がなければ、ご注文の手続きに進んでいただくことができます。

Q: モデル変更案が意図に合わなかったりして承認できない場合はどうすれば良いでしょうか?
A: 要設計変更の内容を基にご自身で他の変更をしていただくか、以下カスタマー サービス エンジニア宛てにご相談ください。

電話:0120-2610-25 または 046-203-9030
Email:customerservice@protolabs.co.jp

 

Q: プロトラブズによるモデル変更案の理由を知りたい場合はどうすれば良いですか?
A:以下カスタマー サービス エンジニア宛てにご連絡ください。

電話:0120-2610-25 または 046-203-9030
Email:customerservice@protolabs.co.jp

 

Q: 追加の費用はかかりますか?このサービスの金額はいくらですか?
A: プロトラブズによるモデル変更案は無償で、提示させていただいた変更案でご注文いただいた場合でも追加の費用などはかかりません。ただし、変更内容に応じて金型費やパーツ単価は変動する場合がございます。

Q: これはデザイン・設計サービスなのでしょうか?
A: いいえ、プロトラブズは製品のデザイン・設計サービスは提供しておりません。モデル変更案は弊社の射出成形プロセスでパーツを製作させていただくためのご提案です。

Q: Protoviewerプラグインを更新するよう通知がありましたが、なぜですか?
A: モデル変更案は最新の Protoviewer でのみご覧いただくことができるため、更新に関する通知をさせていただきました。

Q: モデル変更案を承認して注文したパーツが機能しない場合はどうなるのでしょうか?
A: 発注される前にモデルへの変更が要件に合っていることを必ずご確認ください。

Q: プロトラブズによるモデル変更案を必要としませんが、案内が表示されないようにすることはできますか?
A: 3D CADデータをアップロードする際に「モデル変更案は不要」とコメント欄に記載していただければ、ご案内を割愛させていただきます。

CNC切削加工サービス

射出成形サービス(初回サンプル製作)

 

射出成形サービス(追加製作)

Q: Proto Labs Protoview® 3D Display とは何ですか?
A: Protoview® 3D Display は Web ブラウザ上で動作するビューアーです。見積り対象のパーツを 3D で表示し、操作できるようにします。

Q: Proto Labs Protoview® 3D Display のインストール方法を教えてください。
A:インストールは不要です。最新版の Proto Labs Protoview 3D Display は、インストールしなくてもFirstQuote® または ProtoQuote® のページにアクセスしたときに自動的に起動して、パーツを表示します。

パーツが表示されない場合は、パソコンのOS、ブラウザ、グラフィクス カードいずれか、または複合的な原因によります。まずは3D PDFでお見積りをご覧ください。

Q: 対応している OS とブラウザを教えてください。
A: 現在、以下の OS に対応しています。

  • Windows XP SP2、SP3
  • Windows Vista(すべてのバージョン)
  • Windows 7(すべてのバージョン)
  • Windows 8(すべてのバージョン)
  • Mac OS X 10.1 以降


現在、以下のブラウザに対応しています。

  • Internet Explorer 8 以上
  • Google Chrome 21.0 以上
  • Firefox 19.1 以上
  • Opera
  • Safari

注意:Internet Explorer 7 は、セキュリティの脆弱性があり、3D コンテンツのパフォーマンスが低いため、推奨しません。

Q:Protoview 3D Display が正しく表示されない、または黒い画面が表示されます。
A: よくある原因は、ブラウザにキャッシュされたデータの破損や競合が原因です。解消するには、キーボードの Ctrl + F5 キーを押して、ページを更新してください。ブラウザがキャッシュされたデータをクリアし、最新の状態に更新します。

Q:「Load File Failed」や「File Not Found」というエラーが表示されます。
A: 見積り用ファイルに不具合がある可能性を示しています。弊社カスタマーサービス宛てにご連絡ください。
Email: customerservice@protolabs.co.jp
TEL:877.479.3680

Q: 見積りパーツが表示されないか、正しく表示されません。結果がおかしかったり、思っていたのとは異なる画像が表示されます。
A: お使いのグラフィック ドライバが古く、更新する必要があります。以下のリストで、OS とグラフィック カードに必要なドライバの最小バージョンを確認してください。会社のセキュリティ設定によっては、IT 部門へ問い合わせて、ドライバを更新する必要があります。

プロトラブズとしては、メーカーのサイトから直接ドライバをダウンロードすることを強くお勧めします。ミラーサイトやサードパーティ製ドライバを使用しないことをお勧めします。


NVIDIA

  • Windows XP、Vista、7: 8.17.12.5721 以上
  • Windows 8: 8.17.12.5721 以上
  • Macintosh OS X: 8.17.12.5721 以上


AMD/ATI

  • Windows XP、Vista、7: 8.741.0.0 以上
  • Windows 8: 9.10.8.0 以上
  • Macintosh OS X: 8.741.0.0 以上


Intel

  • Windows XP、Vista、7: 8.15.10.2202 以上
  • Windows 8: 8.15.10.2302 以上
  • Macintosh OS X: 8.15.10.2202 以上


Q:ドライバは最新バージョンなのに、見積りパーツが表示されません。
A: お使いのグラフィック カードが対応していない可能性があります。以下のグラフィック カードは非対応です。

  • AMD/ATI Radeon X1900 シリーズ(Mac OS X 搭載)
  • ATI FireNV 2400
  • Intel Mobile 945 Express
  • NVidia GeForce 6100、6150、6200シリーズ(Turbo Cache 付き)
  • NVidia GeForce 7300 GT(Mac OS X 搭載)
  • NVidia Quadro FX 1500
  • NVidia GeForce FX Go5200
  • S3 Trio カード


2 種類以上のグラフィック カードを搭載したシステム(例:NVIDIA GeForce と Intel Integrated HD チップセットを搭載)では、レンダリング エラーが発生します。いずれかのカードを無効にしてみてください。NVIDIA SLI と AMD/ATI Crossfire には対応しています。

サードパーティ製ドライバ(Omega Driver など)には対応していません。

Linux には対応していませんが、Google Chrome であれば、多数の Linux ディストリビューションで動作します。

Q:タブレットで Protoview 3D Display を表示できません。
A:現時点では、タブレットとモバイル端末には対応していません。PDF で見積りパーツをご覧いただくことが可能です。

ブラウザに関するその他の問題:

Internet Explorer
FirstQuote や ProtoQuote に初めてアクセスしたときによく起きるエラーは、一部のインターネットコンテンツを表示するのに必要なプラグイン(Microsoft Silverlight)が、3D コンテンツの表示を許可されていないケースです。

  • 通常は 3D Quote がレンダリングされる場所に、赤いエラー画面が表示されます。見積りパーツを表示するには、画面の指示に従ってください。

            1. ページの上で右クリックします。
            2. [ Silverlight ] をクリックします。([ Microsoft Silverlight の構成 ]
               ダイアログが表示されます)
            3. [ アクセス許可 ]タブをクリックします。
            4. 一覧の中からこのサイトを見つけて、3D グラフィックスのアクセス許可を
               [ 拒否 ]から[ 許可 ]に変更します。
            5. [ OK ]をクリックします。
            6. ページをリロードします。

  • [ OK ]をクリックしてウィンドウを閉じた後に、キーボードの F5 キーを押して、ページを更新してください。この設定は保存されるので、以後は見積りパーツを表示するために、毎回設定作業を行う必要はありません。


問題が解消しない場合:

  • Microsoft Silverlight® プラグインがインストールされていないか、バージョンが古くなっています。インストールまたは最新バージョンに更新するには、 microsoft.com/getsilverlightにアクセスします。
  • プロトラブズでは、最高のパフォーマンスを得るために、Silverlight 5.1.30514.0 以上を推奨しています。
  • Silverlight のインストール後に、インストールを有効にするために、FirstQuote または ProtoQuote のページを更新する必要があります。


Google Chrome と Mozilla Firefox
Chrome や Firefox を使用する場合は、FirstQuote または ProtoQuote のページに初めてアクセスしたとき、Protoview 3D Display を実行するにはユーザーの許可が必要という画面が表示されます。グレーの部分を右クリックして、メニューから[ このプラグインを実行 ]を選択します。

Chrome や Firefox で Protoview 3D Display を使用する際によくある問題は、ブラウザのバージョンが最新でないことです。Protoview 3D Display の動作と最高のパフォーマンスを確保するために、最新のバージョンに更新することをお勧めします。

Google Chrome

  • 右上にあるメニューボタンをクリックして、[ Google Chrome について ]をクリックします。
  • [ Google Chrome について ]ページのロード時に、Chrome が最新バージョンの有無を自動的に確認します。ユーザーの設定によって、最新バージョンをインストールするようにメッセージが表示されるか、最新バージョンが自動的にインストールされた後、再起動するようにメッセージが表示されます。

Mozilla Firefox

  • 右上にあるメニューボタンをクリックして、[ ヘルプ ]をクリックし、[ Firefox について ]を選択します。一部の古いバージョンでは、ブラウザ左上のオレンジ色の[ Firefox ]ボタンが、このメニューになっています。
  • [ Firefox について ]ウィンドウが開くときに、Firefox が最新バージョンの有無を自動的に確認します。最新バージョンがある場合はインストールするようにメッセージが表示されます。
検索されたキーワード ""