Japan Robot Week 2018東京

10月17日(水)~19日(金)東京ビッグサイト 東5ホール 【R-31】

イベント概要:
Japan Robot Weekは、サービスロボットとロボット製造技術の専門展示会です。
「介護・医療」「農林水産業・食品産業」「インフラ・災害対応・建設」「生活・暮らし」「要素技術・関連機器」「モノづくり」の6つのテーマで開催。AI・IoTによるロボット技術の進化により、ロボットの活躍の場が、モノづくりの現場から日々の暮らしにまで急速に拡大するなか、最新のサービスロボットと製造技術の最新技術が一堂に会します。

当社ブースへのご来場をお勧めする方:
ロボットおよび部品メーカーの研究・開発、設計・製造、品質管理、購買・資材部門の方及び皆様

出展概要:

  • ミニプレゼンテーション(約5分) 
    • 最短一日で切削加工・射出成形部品の製造を可能にする当社デジタルマニュファクチャリング
    • ステップ・バイ・ステップでの当社オンデマンド製造サービスのご利用方法
  • お客様事例
    弊社のオンデマンド製造サービスをご利用いただいたお客様事例を展示します。
    (順不同 法人格略。展示内容は変更される場合があります。)
    • オリィ研究所 (介護・医療向け遠隔操作ロボット OriHime)
      「ロボットベンチャーではたいていの製造がユニット数で百単位のものとなり、製品需要の増加や改良にあわせて追加発注を行います。それを考えると、プロトラブズの小ロット生産サービスはメリットが大きい」
      株式会社オリィ研究所 代表取締役CEO
      吉藤健太朗 氏
    • 石川エナジーリサーチ(ドローン アグリフライヤー )
      「メリットとしてまず挙げられるのは、速さ。通常3ヶ月かかる金型が本当に3週間で仕上がったときには驚きました。そして価格。他と比べて 50%ものコストカットができました」
      株式会社 石川エナジーリサーチ 設計部副部長(主任研究員)
      福田 太郎 氏
  • 最新サービスおよびサンプルパーツのご紹介
    •  軽量なロボットの製造に役立つ、強度、耐熱性を備えたガラスファイバー入りの樹脂(PA66-GF30%)等、PBT、PAなどエンジニアリングプラスチック材料
    • 面積比約2倍にサイズを拡大した、アルミニウム パーツ
    • 4月より国内製造を開始した無酸素銅(C1020P) パーツ
       
      上記に加えて、切削加工・射出成形および5軸切削加工、インサート成形、二色成形などさまざまな手法で作成した部品を実際に手に取ってご覧いただけます。
      材料見本も、汎用性材料から機能性材料まで多数展示し、表面仕上げの違いによる手触りの違いなどをご確認いただけます。 

ご来場いただいた方には、プロトラブズ特製グッズを差し上げます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。 

 

ホーム > 展示会・セミナー一覧 >