Design Tip

パーティングライン提案します

パーティングラインについては以前にも取り上げましたが、しばらく時間も経ちましたので、おさらいも含めあらためてご紹介します。パーティングラインは、材料が樹脂であっても液状シリコーンゴムであっても、金型を使用する射出成形でパーツを製作するのであれば、どのように対応していくべきか必ず考える必要のあるものです。

パーティングラインをどこに配置するかを考えながらモデリングすることは少ないかもしれませんが、パーティングラインの位置は様々な機能に影響するため、設計の重要なポイントになります。パーツの中央に配置することが最適である場合もあれば、少し複雑なパーツではそう単純ではない場合もあります。

単純なカップ形状のパーツを射出成形する場合、カップの外側は金型固定側(キャビ側)、内側は金型可動側(コア側)で形成するため、パーティングラインはカップの縁に沿って形成されます。同じように、図1の写真のような装飾用の樹脂製の花であれば、パーティングラインは、花びらの外周に沿ってできることになるのです。

Parting line on part example
図 1: パーティングラインが花びらの外周に沿って形成されます

パーティングラインの位置は、主に次の三つのことに影響します。 第一は、型開き方向を決定づける要素になるため、パーツをスムーズに離型させるための抜き勾配を、どのフィーチャに対して、どの方向に設けるかに影響します。第二は、金型が合わさった時にできるつなぎ目の位置と見え方に影響します。第三は、金型の製造コストと、成形されたパーツを完成品に仕上げるための二次加工コストへの影響です。

通常、製品設計者と金型設計者では、パーツを見る視点が異なり、製品設計者が成形後のパーツが正しく機能することに視点を置いているのに対して、金型設計者は、正しく成形することに注意を払っています。パーティングラインは、その機能とパーツ自体の品質どちらにも影響することを考慮しなければならないのです。

できあがったパーツのパーティングラインが継ぎ目のように見えると、外観部品であれば大きな問題になることがあり、シンプルなパーツ形状でも発生する可能性があります。例えば、図2 に示すように角が丸められていると、Rエンドにパーティングラインが配置されます。この場合、バリが発生すれば、見栄えにも機能にも影響が生じ、組み立てにも支障が出ることが考えられます。このような問題の回避策として、図3 のようにRを削除し、パーティングラインをエッジに沿って配置すれば、継ぎ目はカモフラージュされることになります。

図2: Rが付いているとRエンドにパーティングラインが形成されます。パーツに継ぎ目の痕跡ができることによって、外観に影響が出る可能性があります。これを避けるために、R形状を削除し、パーティングラインをエッジに沿って配置することによって継ぎ目を目立たなくさせることができます。

図3: パーツのエッジ部でパーティングラインが形成されます

 

液状シリコーンゴム(LSR)で成形するパーツの設計でも、熱可塑性樹脂のパーツと同様の考え方を適用できますが、バリの発生をさらに抑えるための対策を強化する必要があります。LSR は文字通り、液状であるため、0.005mm の隙間でも流入し易く、バリが発生し易い傾向にあります。またLSR 製のパーツでは、シール(密閉)する箇所にパーティングラインが配置されないようにすることも重要です。パーティングラインを単純かつ最小限にすることは、品質の良いパーツを製作することにつながります。

パーティングラインの位置が分からない場合、まずは弊社へ 3D CAD でモデリングされたパーツをアップロードしていただければ、図解付きでパーティングラインの位置とその配置に応じた抜き勾配を平均3 時間で提案させていただきます。(その他にも、二方向抜き金型で成形できるようにするためのご提案や、スライドや置き駒による対応などについても検討させていただきます。) より詳しい内容については弊社カスタマーサービス エンジニアまでご相談ください。パーツの3D CADのファイルはこちらからアップロードしていただくことができます。

 

カスタマー サービスへのご連絡

本件に限らず、ご質問やご不明な点につきまして、気軽にお問い合わせください。
 電 話: 0120-2610-25 または 046-203-9100
 Email: customerservice@protolabs.co.jp

検索されたキーワード ""