Design Tip

インサート成形で樹脂部品の機能性と耐久性アップ

インサート成形は、樹脂部品同士または別の部品と固定する場合に必要な機械強度、耐熱性、耐久性、機能性を向上するための成形手段です。インサート成形では、金型の中に金属部品(インサート部品)を事前に組み込み、溶融した樹脂を射出することでそのインサート部品を包み込むように樹脂が流入してパーツが形成されるので、できあがったパーツと完全に一体化します。自動車、通信機器、家電から建築まで、さまざまな部品に適用されている成形方法です。

写真1 インサートナットと、インサート成形されたポリカーボネートの樹脂カバー

インサート成形の需要

特に自動車関連部品での利用がここ数年で顕著に増加しており、耐熱性や耐久性が必要なホルダー、カバーや筐体など、ネジ止めが必要な場合にインサート成形が用いられています。その背景には、部品のコスト削減と軽量化への取り組みがあります。金属の強度や耐久性を必要なところにだけ効率的に配置することで軽量化が図れるインサート成形は、画期的な部品製造プロセスです。

 

インサート成形サービスと実績

プロトラブズでは、インサート成形の試作・小ロット生産の要求が顕著に増加してきたことを受け、2013年5月に対応を開始しました。材料実績としては、ABS、PC、PP、ナイロン66(ファイバー入り)やPBT-GFがありますが、お客様からの支給材料も含め、順次対応可能な樹脂の種類を増やしています。写真1のカバーではインサートナット(めねじ)が埋め込まれており、嵌合相手の部品とネジ止めして、強固に固定された筐体に仕上げることができます。

 

インサートできる部品

図2: 写真1のカバーの成形性解析結果を表示したProtoQuote画面。インサートナットをインサート成形した場合を図解。

パーツ形状とインサート部品両方の3D CAD データをアップロードすることで、平均3時間でインサート成形の見積りと成形性について回答します。一般的なネジ、金属ナット、ワッシャーをインサート成形することができます。精密板金部品や基盤、導電部品など特殊な部品については、金型も成形も複雑になるため、まずはプロトラブズのカスタマー サービス エンジニアにご相談ください。

写真1の樹脂カバーの金型費、パーツのコスト、成形性・製造性の解析結果をまとめたProtoQuote見積りのサンプルをこちらで公開していますので、自由にシミュレーションしてみてください。

カスタマー サービスへのご連絡

本件に限らず、ご質問やご不明な点につきまして、気軽にお問い合わせください。
 電 話: 0120-2610-25 または 046-203-9100
 Email: customerservice@protolabs.co.jp