Design Tip

液状シリコーンゴム射出成形

プロトラブズでは、新たな材料として液状シリコーンゴム(LSR)射出成形の対応を開始しました。実際の製作につきまして年内は、米国本社またはイギリスの工場で行いますが、お見積りをご依頼いただき、ぜひご検討ください。

LSRの成形には従来の一般的な射出成形と共通することが多いですが、その一方で顕著な違いもいくつかあります。熱可塑性の樹脂は溶かしてから射出成形を行いますが、LSRでは事前に冷却した二種類の熱硬化性の材料を、熱した金型に流し込むと、硬化してパーツが形成されます。LSRで成形されたものは、熱可塑性樹脂のように再溶融することができません。

※ 熱可塑性樹脂 と 熱硬化性樹脂に関する解説記事はこちらでご覧ください。

図1 LSRは柔軟性と耐久性を備えたパーツに最適です

できあがったLSR製のパーツは強靱で、耐熱性、耐寒性、耐化学薬品性、耐電性に優れています。高温でも低温でも物性を維持でき、また、生体適合性があるため、皮膚に直接触れる製品にも最適です。LSRの特性により、自動車、医療、フードアプライアンス(電化製品)、などの業種でシール、ガスケット、バルブ、ケーブルなどに使用されています。

LSR製パーツと熱可塑性樹脂製パーツの設計で考慮する点は共通することが多いですが、ここではLSR特有の設計ガイドラインをご紹介します。

サイズ: 最大の成形サイズは127 ㎜ x 127 ㎜ x 50 ㎜までですが、より大きなサイズについては、都度お問い合わせください

肉厚とリブの厚さ: 肉厚は高さや隣接する厚肉の壁の位置にもよりますが、最薄0.5㎜が可能です。LSRは通常、スムーズに薄肉を形成できますが、いかにパーツを傷めずに離型させるかが重要になります。リブの厚さは隣接する壁面と等しいか、薄くても1/2程度、内側のフィレットの半径は壁面と等しくすることが望ましいです。

収縮とバリ: LSRの収縮率は高く、予想公差は0.025 mm/mm です。LSRは5ミクロン程度の隙間にも流れ込むため、バリが発生し易い性質ですが、プロトラブズでは、金型を設計・製作する際にバリを回避するための策を講じます。

パーティングライン: パーティングラインをできる限りシンプルにすることが、LSR製パーツのきれいな仕上がりと迅速な成形につながります。

アンダーカット: LSRではアンダーカット形状の形成が比較的容易です。成形担当者は通常、手作業で成形品を �型させますが、場合によってはスライド機構で対応することもあります。

パーツの離型: LSRパーツの離型にあたっては、材料の特性上、通常はエジェクタピンを使用しません。したがって、金型の設計にあたっては、金型が開いたときに成形品の表面積の約半分が金型に保持される状態を想定して設計します。さらには、成形品の位置が金型のパーティングライン面よりも上にあると離型がスムーズになります。パーツの離型は、手動で行います。

液状シリコーンゴムは、多くの製品に活用されている材料です。プロトラブズではLSRの成形については、25 ~ 5000超個 程度のボリュームを、標準納期20営業日で対応します。パーツの抜き勾配、仕上げなどさらに詳しい情報につきましては、LSRに関するページをご覧ください。LSR成形を検討されているパーツの3D CADデータをお持ちの場合は、こちらからファイルをアップロードしてください、お見積もりと成形性の解析結果は1~2営業日で回答します。

 

カスタマー サービスへのご連絡

本件に限らず、ご質問やご不明な点につきまして、気軽にお問い合わせください。
 電 話: 0120-2610-25 または 046-203-9100
 Email: customerservice@protolabs.co.jp