試作品を依頼する場合に依頼先のメーカーを選ぶ観点を解説

試作品を依頼する場合に依頼先のメーカーを選ぶ観点を解説

ホーム > 技術情報一覧 > 月刊Design Tips >試作品を依頼する場合に依頼先のメーカーを選ぶ観点を解説

 

※本シリーズは設計者の皆さまの学習にお役立ていただくために、一般的な製造手法のノウハウについてご紹介します。記事内でご紹介する内容はプロトラブズにて未展開のものも含まれます。

 


≪目次≫

1.試作品の重要性

2.試作メーカーの選び方

(1)対応している材料

(2)加工法

(3)納期

(4)価格

(5)依頼したい内容における強み


製造業において、量産品を作る前に必要不可欠な試作品。その試作品を自社ではなく外注する場合、数多くある試作メーカーの中からどのメーカーに依頼すればいいかわからないこともあるでしょう。この記事では、試作品を外注する際にどのような点に着目して試作メーカーを選べばいいかについて、解説します。

 

1.試作品の重要性

製造業の開発プロセスにおいて、試作品を用いた確認や検証は重要な項目です。試作品を作る目的としては、デザインの確認や製造工程に問題がないかの検証、完成品の耐久条件や強度が要求を満たしているかの確認などが挙げられます。

試作品でこれらを十分に確認、検証せずに量産に移行してしまうと、大きな問題が発生する可能性が高くなります。例えば、製造工程で不良が大量に発生してしまったり、生産した量産品が要求性能を満たせておらず、莫大な金額をかけて回収後に再設計・生産することになったりします。

このように、さまざまな確認や検証を目的とした試作品は、その目的を果たせる性能・機能で製造する必要があります。自社で試作品の準備ができない場合には、試作品を専門で扱っているメーカーに依頼することが多いですが、依頼先を適当に決めてはいけません。

納期が遅れて次のフェーズに移行するタイミングで検証が終わらなかったり、要求通りの品質が確保されておらず、試験結果が参考にならなかったりと、試作品の出来次第では開発の進捗に大きく影響することもあります。

 

2.試作メーカーの選び方

重要な試作品の製造を依頼する際に、どのような観点で試作メーカーを選べば失敗しないのでしょうか?

試作メーカーを選ぶ際には、対応している素材、加工法、納期、価格、依頼したい分野に強みを持っているか、過去実績などを重視して選ぶ必要があります。それぞれの内容や理由について解説します。

(1)対応している材料

試作品は、その目的によってどのような材料で製造するのかが異なります。例えば、外観の確認をするだけであれば材料は問わないので、金属製品を樹脂(プラスチック)材料で試作することも可能です。

一方で、耐久試験や機能確認などを行う場合には、完成品と同じ材料を使う必要があります。試作メーカーの中には、樹脂(プラスチック)のみや特定の金属のみなど、扱っている材料を限定している場合があるため、目的に合致する材料に対応しているかどうかは、重要な要素です。

 

(2)加工法

対応している材料と共に、加工法も重要な要素です。製造工程・加工法によって性能が変わらない製品であれば問題ありませんが、加工法によって性能に影響が出るのであれば、量産品と同じ加工法で試作品を作る必要があります。

主に、射出成形や切削加工、近年では3Dプリンターなどに対応している試作メーカーも多くなってきました。

 

(3)納期

例えば、急遽設計変更が入って、速やかにデザインの確認や耐久試験を実施しなければならないときなど、短納期で試作品を入手しなければならない場合があります。

試作メーカーの中には、3DCAD図があることなどの条件付きで、即日~数日で試作、納品してくれるメーカーもあります。急遽依頼する可能性がある場合には、事前に納期が比較的短い試作メーカーを確認し、どうすれば短納期で製作してもらえるかを確認しておくといいでしょう。

 

(4)価格

量産品と比較して、試作品は高額になりがちです。構成部品も汎用的なものばかりとは限りませんし、量産品であれば自動化できたものが、試作品では自動化できずに技術を持った人材が手作業で作ることもあります。

材料費や人件費が高額になると、想定外の金額になってしまう可能性があり、事前に明確な見積りを受領できないこともあります。複数回の試作を行う場合や予算が既に決まっている場合など、高額な試作品を依頼するのが難しい場合には、事前にある程度明確な金額を掲示してくれるメーカーがいいでしょう。

 

(5)依頼したい内容における強み

最後に、依頼したい試作内容において経験が豊富など、強みを持っていることが重要です。専門の試作メーカーは、さまざまな試作品に対応しており、得意ではなかったとしても依頼を受注し、試作品を完成させられます。

しかし実際には、依頼したい分野の受注件数が多く、実績を十分に積んでいる試作メーカーの方が、高い精度でコストを抑えながら実現できる可能性があります。依頼したい試作品に対応できるからと、一社で決めてしまわずに依頼したい内容を得意としているメーカーを探してみましょう。

 

まとめ

試作品は、製造業の製品開発を支える重要な要素で、デザイン確認や機能検証など、さまざまな役割を担っています。試作品の製造を試作品メーカーに外注する際は、さまざまな観点で確認し、目的に合ったメーカーを絞りこむことが重要です。

対応している材料や加工法、納期、価格などの基本的な項目に加えて、依頼したい内容の実績が豊富かどうかも、大事なポイントです。試作品が必要になることが想定できた段階で、いくつかのメーカーを確認し、依頼先を決めておくといいでしょう。