Case Study

車いすのモビリティを実現して世界が注目

ベンチャーの夢を叶えたプロトラブズの切削加工

User’s Profile

WHILL株式会社

http://whill.jp/

健常者と障害者という既存の概念を変える、新たな価値観・ライフスタイルを創出するプロダクト・サービスの設計・製造・販売を行う企業。そのコンセプトを実現する最初の製品として、車いすユーザから始まるパーソナルモビリティをテーマに、車いすの機能を活かした、時速20kmまでの走行が可能なモビリティを提案し、東京モーターショーで大きな反響を得る。

課題
  • 企業の規模や歴史のバイアスなくパーツ製造を頼める企業の開拓
  • QCD(品質、コスト、納期)のバランスがとれた製造プロセス
  • 迅速かつ柔軟な対応でパーツを入手できるプロセス

 

解決
  • 3D CADデータに対して算出される見積りシステムProtoQuote
  • 自動化を極め、標準化されたプロセスを実現したプロトラブズの切削加工
  • テクノロジーの合理性と人の柔軟性で対応するカスタマーサポート

 

車いすの概念を変えた、見たことのない製品が2011年12月の東京モーターショーで展示された。WHILLの若い技術者達が全力を結集して開発したその製品は瞬く間に国内のみならず、海外のメディアにも取り上げられ、引き合いはむしろ海外のほうが多い。世界が注目している製品だが、開発を開始した当初のWHILLはまだ法人組織ではなく有志の集団だった。リソースが厳しい状態だったが、その実現に利用されたのがプロトラブズの切削加工サービスだ。

 

小規模小資本の有志の団体でもバイアスなく活用できるサービス

WHILLはスタイリッシュに車いすを変身させ、モビリティを劇的に改善する。100m先のコンビニにいくことも諦めてしまうという車いすユーザの声を、WHILLで最高開発責任者を務める内藤淳平氏を始めとする20代の若手エンジニアの集団が解決しようという活動の中から生まれた。車いすユーザには半径5kmのような距離、健常者であれば自転車を使うような距離を移動するための手段がない。WHILLとはこれまでに存在しなかったその手段を実現するためのソリューションなのだ。

WHILLは法人ではなく、内藤氏と同じ大学の出身者とその友人を中心にプロダクトに共感した若手技術者・デザイナーの有志の集団としてスタートした。それぞれが日常は「本業」をこなして週末などに作業した。内藤氏自身、その頃は大手メーカーでメカ設計の技術者として多忙な日々を過ごしながら開発に携わった。メカ、エレキなどのさまざまな分野の気鋭のプロが集ったこともあり、設計作業は順調に進んだ。しかし、多くのパーツは汎用品で間に合ったものの、例えばWHILLを車いすに着脱する機構に使用するパーツなどはどうしてもカスタム品が必要だったが、それを作ってくれるところが見つからない。内藤氏も普段の仕事で取引のあるところと話しをしてみたが、法人組織化されていないと、取引が成立しないのだ。

そんな時に出会ったのがプロトラブズだ。自分が持っている3D CADで設計したパーツデータをプロトラブズのホームページ上からアップロードすると、その日のうちにProtoQuoteと呼ばれるインターネット上の双方向の見積り回答に、価格だけではなく加工性についての情報や材料のオプションの検討までできる情報が提示される。

問題がなければ、発注のクリックボタンを押すだけである。良い意味でドライであり、妙なバイアスも入らずにシステマチックに処理される。このプロトラブズの切削加工サービスでWHILLの開発は一気に前に進むことになった。

QCD(品質・コスト・納期)のバランスがスムーズな製品開発の鍵に

WHILLの開発資金は全部で600万円。そのうちの500万円はメンバーが出資した自己資金。残りの100万円は日本のクラウドファンディング「CAMPFIRE」でそのゴールに賛同したパトロン達から集めた貴重な資金だ。すでに別の活動からある程度の生産設備を持っていたWHILLのメンバーは、簡単な樹脂部品については自ら加工をすることで、品質、コスト、それに時間をコントロールすることができた。しかし、大きいものや精度が必要なアルミの部品は外注するしかなかった。

内藤氏は、「プロトラブズの切削加工では、このQCDのバランスが良くとれていると思います」と語る。「価格だけで言えば他にもあるのかもしれません。しかし、どれか一つが飛び抜けているよりも、バランス良くQCDを提供してくれるサービスが必要でした。それがプロトラブズの切削加工だったのです」

品質の面でも問題がなかった。従来は加工図面を書いて指示を出した。しかし、プロトラブズで必要なのは3Dのデータだけ。Pro/Eを使用していた内藤氏はSTEPファイルをアップロードした。あとは、カスタマーサポートと話しをするだけで充分に指示は伝わっているし、できあがった部品を見ても精度上の問題も全くなかった。内藤氏は言う。「3Dデータから図面を起こす場合、本当にかかった時間もさることながら、心理的にもすごく負担になるものです。3Dデータのみでしっかりと精度をもった切削加工ができることは開発のスピード上も大きなメリットになります」

 

ロジカルな仕組みと人の柔軟性が融合した効率の良いプロセス

内藤氏は、プロトラブズの見積りのプロセスが気に入っているという。内藤氏をはじめとする20代の若い世代の人達は、Web上で作業をしていく仕組みに慣れていることもあり、違和感がない。そしてネット上で使える見積りサービスは、わかりやすい。内藤氏によればProtoQuoteはナビゲートが良くできて迷うことがないという。またコストが上がる場合なども、ロジカルに説明をしてもらえるし、その根拠がはっきりとわかるので納得感が高いという。スピードも重要なポイントだったが、週末に設計し、月曜日に見積りが提示され、問題なければ週末までにはパーツができている。このリズムはありがたかったと内藤氏は言う。ソフトではおなじみのベータ版をどんどん回すような開発ができるのだ。

ところがそのシステマチックなプロセスの中に予期していなかった柔軟性もあるという。見積りが届くとすぐに電話がかかってくるので、相談がしやすい。さらに、内藤氏が驚いたのが、急ぎの対応で土曜日にパーツが欲しいという時にも柔軟に対応してもらうなど、無理か、と考えた時もユーザを考慮して柔軟に対応してくれたのだ。確かに仕組みはビジネスライクなのだが、それを実際に運用する人達は、柔軟性をもって助けてくれたという。内藤氏は言う。間違いなくプロトラブズの切削加工サービスがWHILL実現につながる大きな鍵であったと。

検索されたキーワード ""