短納期試作

プロトラブズの製造性解析と短納期製造プロセスを活用して、製品設計、テスト、検証の各段階に

短納期試作を組み込むことで、開発を合理化します。

試作とは

企業が新しい製品を開発する際、試作は必要不可欠な工程です。近年はシミュレーション技術の発展などにより試作を簡略化する流れもありますが、完全になくすのはリスクが高く、現在も多くの試作が行われています。

試作で確認する項目は、主に以下の5点に集約されます。これらすべての観点を確認することは多くありません。試作をする際には、ご紹介した観点の中からどの観点を重視するのか、明確にして取り組む必要があります。

製品の安全性

これは販売後に使うときだけでなく、製品を作る工程の安全性も確認する必要があります。

製品の品質

製品にはさまざまな機能が求められます。加えて、見た目や使いやすさなどの品質面で問題ないかを確認します。

製品を作る際のコスト

試作時には材料費などコストが大きくなりますが、作り方や必要な材料の量を確認することで、量産時のコストを予測します。

製品の納期

量産をする際に、製品を作るために必要な材料を仕入れる所から、実際に製品を作り上げ納品するまでに、どの程度の期間がかかるか確認します。

製造時に環境に与える負荷

企業は社会的責任を負っているため、優れた製品であったとしても環境に配慮されたものでなければいけません。

 

短納期試作の活用

 

短納期試作

1. 設計のフィードバック

  • 実際の試作品が数日でお手元に届くため、製品開発の早期の段階で、すぐに設計を変更できます。
  • 一度に複数の試作品を作成できるため、設計の比較と反復を同時に行うことができます。
  • 反復的な製品開発サイクルによって製品化に必要な時間の短縮につながります。

2. 反復開発

  • 自動解析システムによる製造性に関するフィードバックを見積りごとに受けることができるので、試作品製作の早い段階で設計調整を行うことができます。
  • 設計の課題や製造性、成形性の疑問点については、下記カスタマーサービス宛にお問い合わせください。
    Email: [email protected]

3. 設計の検証

  • 迅速に加工パーツを製作し、パーツの形状や嵌合を検証できます。
  • 商用グレードの材料で製造したパーツを使って機能テストを行います。

4. 市場テスト

  • 射出成形パーツの量産試作を行い、市場の反応を投入前に調査できます。
  • 安価なアルミ金型で製作したパーツでテストをおこなうことで、実生産の前に市場投入コストのリスクを低減できます。

 

Short delivery date prototype

On-demand manufacturing

当社制作事例(サンプルパーツ一覧)

当社のオンデマンド受託製造サービスは国内3,400社以上の設計・開発者の皆さまにご利用いただいており、大手企業からメイカーズまで、幅広い層のニーズに迅速対応しております。本ページでは射出成形・切削加工のサンプルパーツをご紹介しています。

試作品製作プロセスの選択

短納期製造のプロセスそれぞれに、試作品製作のうえでのメリットとデメリットがあります。プロトラブズのホワイトペーパーでは、3D プリンティングから切削加工、射出成形まで、さまざまな製造プロセスの技術分析をご紹介しております。ホワイトペーパーをご覧いただくことで、メリットを比較検討し、プロジェクトに最適なプロセスを選択できます。

ホワイトペーパー

お問い合わせはこちらから

お問合せありがとうございます。 当社営業より1-2営業日中にご連絡させて頂きます。 お急ぎの際は[email protected]までご一報頂けますと幸いです。

射出成形および切削加工に関するお問い合わせは、
右のフォームにご記入いただき、お問い合わせ内容を
ご送信ください。

又、下記ページにてお客様から寄せられたよくある質問を掲載しています。あわせてご覧ください。

https://www.protolabs.co.jp/resources/faq/

その他のお問い合わせは、下記宛にお願いいたします。[email protected]

800