短納期試作

切削加工、射出成形によって製品開発リスクを低減し、製品化を加速します。
プロトラブズの製造性解析と短納期製造プロセスを活用して、製品設計、テスト、検証の各段階に短納期試作を組み込むことで、開発を合理化します。

 

短納期試作の活用

 

1. 設計のフィードバック

  • 実際の試作品が数日でお手元に届くため、製品開発の早期の段階で、すぐに設計を変更できます。
  • 一度に複数の試作品を作成できるため、設計の比較と反復を同時に行うことができます。
  • 反復的な製品開発サイクルによって製品化に必要な時間の短縮につながります。

2. 反復開発

  • 自動解析システムによる製造性に関するフィードバックを見積りごとに受けることができるので、試作品製作の早い段階で設計調整を行うことができます。
  • 設計の課題や製造性、成形性の疑問点については、下記カスタマーサービス宛にお問い合わせください。
    Email: customerservice@protolabs.co.jp

3. 設計の検証

  • 迅速に加工パーツを製作し、パーツの形状や嵌合を検証できます。
  • 商用グレードの材料で製造したパーツを使って機能テストを行います。

4. 市場テスト

  • 射出成形パーツの量産試作を行い、市場の反応を投入前に調査できます。
  • 安価なアルミ金型で製作したパーツでテストをおこなうことで、実生産の前に市場投入コストのリスクを低減できます。

 


リスクの低減

製品化スピード

製造ライフサイクル


試作品製作プロセスの選択

短納期製造のプロセスそれぞれに、試作品製作のうえでのメリットとデメリットがあります。プロトラブズのホワイトペーパーでは、3D プリンティングから切削加工、射出成形まで、さまざまな製造プロセスの技術分析をご紹介しております。ホワイトペーパーをご覧いただくことで、メリットを比較検討し、プロジェクトに最適なプロセスを選択できます。
ホワイトペーパー

事例ご紹介:大手企業からメイカーズまで

当社のオンデマンド受託製造サービスは国内2,300社以上の設計・開発者の皆さまにご利用いただいており、大手企業からメイカーズまで、幅広い層のニーズに迅速対応しております。多数のお客様事例を是非ご覧ください。
利用事例一覧
検索されたキーワード ""