Protoworks 研究開発ラボ

プロトラブズの創設者であるラリー・ルーカスは、20 年前に 1 人のソフトウェアエンジニアとして射出成形産業を改革しました。ラリーは、射出成形プロセス全体を見直し、ソフトウェアを前面に置いた効率のよいスケーラブルなオートメーションフレームワークとして再構築しました。それ以来、プロトラブズは、このフレームワークを切削加工や産業用 3D プリンティングにも応用し、世界中の数多くのエンジニアにかつてないほどの製品化スピードを提供してきました。しかし、我々の挑戦はここに留まりません。

我々は多くのお客様と同様に、技術革新、新製品開発に対し、創業当初からの熱意を持ち続けています。現状を打破し、可能性の限界を広げ続けることの重要性を認識しており、だからこそ我々は Protoworks を立ち上げました。Protoworks は、マニュファクチャリングプロセスをデジタル化し、スケーラブルで効率的なものとすることで、その進歩と改善の道を探求し続けることを使命とした研究開発ラボです。

Protoworks チームはソフトウェア開発者、メカニカルエンジニア、製造技術者で構成されており、お客様がこれまでよりスピーディーかつコスト効率のよい方法で試作品の製作や新製品の市場投入を行えるよう、生産能力の向上と、新しいプロセスや材料の提供に取り組んでいます。